2018/10/19

インタビュー特集:理事長 勝河 祥

第1回 関係者インタビュー 理事長 勝河 祥

おおいたのWEB関連の事業をしている会社が集まって、作ったおおいたクリエティブアカデミー。 略してOCA!そんな業界のプロフェッショナル自ら立ち上げたOCAとはなんぞや!? 新人ディレクターのわたくしMichikoがOCAの秘密に迫ります!!

OITA CREATIVE ACADEMY とは?

ーOITA CREATIVE ACADEMYの簡単な紹介をお願いします。

大分にあるクリエイティブ業界の企業が集まり運営しているのが、大分クリエイティブアカデミーです。
業界で実際に活躍しているエンジニアや、デザインコースであればデザイナーが実践で本当に使えるスキルを教えてくれます。
それを身につける為の、カリキュラムが組まれていて、身につけることが出来る、ということが一番の魅力ではないでしょうか?

 

ー私自身もWeb系の職業訓練校に通ったのですが、やはり学校と現場では求められるスキルに温度差ありますよね。せっかく身につけても実際は使わない、なんてことも多い気がします。

そうだと思います。なので、本校ではより現場により近い方法で学習をするカリキュラムになっています。一例ですが、学校では教科書があってその内容を覚えるというのが普通だと思います。しかし実際には、案件で何かを作る(アプリやシステムなど)となった時、かならず要件定義というフェーズが入るのですが、その開発には何が必要なのかというのを洗い出すことから始まります。実際の仕事では、教科書のように最初から問題を提示してくれることは少ないんですね。なので、OCAでも問題を探すという工程を生徒さん達にはやってもらっています。何かに沿って学ぶのではなく、自分で考え何が必要かを考えながら学習していくことで、より現場に近い状態を作り出す様にしています。

 

OITA CREATIVE ACADEMYのビジョン

ー勝河さんがOCAで育てたい人材ってどんな人材ですか?

今プログラミングを教えているのですが、プログラミングだけじゃなくて、ブログラミングを通して、精神的な部分も育てていけたらと思っています。プログラミングを習得するのってとても大変なことだと思うんです。勉強が苦しくなった時のケアだったり、マインドの持ち方なども一緒に育てることが出来たらと思っています。人間的にも成長して卒業させてあげたいなと思います。

 

ー勝河さんは自らも壇上に上がって授業をするこ ともありますよね。その時に心掛けている想いとかってありますか?

まずは分かりやすくというのが第一です。
あとは気持ちが伝わればと思って講義をさせて頂いています。
生徒さんは普段、仕事をしていたり、学校に行っていたり・・・OCA以外でも忙しいと思うんです。
なので僕が講義することによって、生徒さん達のモチベーションを上げることが出来るような講義にしたいと思って授業をしています。

 

未来のクリエイティブ産業の担い手に伝えたい事

ー最後に、これからOCAに通うかもしれないみな さんに、何かメッセージがありましたらよろしくお願いします。

僕は昔、小売業で働いていて、クリエティブ業界にすごく憧れを持っていました。
しかしその頃は、どうすればクリエティブ業界で働けるのか分かりませんでした。クリエティブ業界はスタート地点に立つのが難しいと思うんです。なので、ぜひクリエティブ業界に興味はあるけど一歩を踏み出せていない・・・そんな方にぜひOCAに来て欲しいです。
僕らは、スタート地点に立つサポートを全力でしていきます。

 


勝河理事長、熱いメッセージありがとうございました! これからの時代、ITの技術は必要不可欠で、大分にこのような学び舎があることは本当にラッキーな事だと思います。 OCAでは、みなさんのやる気を大切にしています。何か気になることがありましたら遠慮なくお問い合わせ下さいね!